自閉症だと誤診されることはあるのか

自閉症だと誤診されることはあるのか

自閉症だと誤診されることはあるのか

自閉症と診断されたのに、実は言葉の遅れが遅いだけだったという事例があるように医師の判断が正確ではないことが分かります。

 

誤診されやすい

自閉症は周囲とのコミュケーションが取れないため、突然パニックを起こすためパニック障害やアスペルガー症候群と診断されることもあるそうです。

 

または総合失調症と心の病気の1つだと子どもの頃に診断されて大人になって自閉症だったと検査で分かる事例もあるほどです。

 

特にアスペルガー症候群は自閉症と同じ脳機能症障害であるため、誤診されやすいのです。

 

アスペルガー症候群は「会話」「想像力」「社会適応能力」の3つの能力が乏しい点も自閉症と共通しています。

 

ただアスペルガー症候群は言葉は理解できて会話もできます。

 

ただ、人と合せようとする力が乏しいため言葉のキャッチボールができないのです。

 

自閉症は言葉の遅れと会話する力がないため周囲と会話ができません。

 

実例をあげても自閉症と誤診されるリスクは高いということです。

 

誤診されやすい障害

自閉症とよく似た症状はアスペルガー症候群だけではありません。

  • 学習障害(LD)
  • 注意欠如・多動性障害(ADHD)

落ち着きがない、指示を忘れてしまうなど集中力が極度にない。という症状も自閉症と共通していると思います。

 

診断を受ける側も1つの専門医ではなく発達障害に詳しい専門医がいる医療機関に相談をして誤診を防ぐ対策をしないといけません。

 

もし検査結果が病院と異なった場合に家族が納得がいく説明ができる専門医との出会う機会が多くなれば誤診も減ることでしょう。

 

それだけ自閉症はまだ不明な点が多い障害であり専門医も慎重に判断しないといけません。

 

周囲との壁で当事者が生きる希望をなくすことだけは避けたいものです。

スポンサーリンク