自閉症と言語訓練

自閉症と言語訓練

自閉症と言語訓練

自閉症は言語障害と言ってもおかしくないでしょう。

 

オウム返しや突然の奇声など周囲とのコミュケーションをとることが難しく周囲が理解するまでとても時間がかります。

 

コミュケーションが取れないのは何故か

自閉症は言葉で話すことを理解することが難しいため、言語障害がおきてしまうと言われています。

 

言葉や会話は耳から入ってくる情報を脳が認識をして言葉を覚えたり会話をする力が芽生えてきます。

 

自閉症は耳からの情報が脳に認識されずに「会話」がただの「雑音」か「騒音」として認識してしまい、周囲との会話ができないのです。

 

脳が言葉を認識できないから言語障害が起きてしまうのは本当に厄介です。

 

言葉を覚える、会話するという当たり前にできるのは全て脳や神経の伝達と認識によるもの。もし、脳や神経の伝達が一方通行なら誰でも言語障害を生じてしまうということ。

 

決して自閉症が「特別」ではなく誰でも自閉症になるリスクを持って生まれているんだと考えを持っても良いかもしれません。

 

言語障害の訓練とは

自閉症の子どもたちは療育施設で言葉を覚えたり、コミュケーションを取れるようにセラピストの指導のもと訓練しています。

 

耳からの情報を認識できるように教材を使って訓練できるまでには時間と根気がいりますが、「サイコロを缶の中に入れる」という簡単な訓練から言葉を覚えるのです。

 

オウム返しも言語訓練の1つとしてセラピストは見ており、難しい言葉も簡単に覚える才能のひとつとして個性を伸ばすことも必要です。

 

難しい言葉よりも自閉症を持つ家族は「お父さん」「お母さん」と呼んで欲しいというのが唯一の願いだということ。

 

その言葉を発してくれる日を夢見て、自閉症の家族は生活しているのです。

スポンサーリンク