自閉症に効果のあるサプリメント

自閉症に効果のあるサプリメント

自閉症に効果のあるサプリメント

自閉症の人たちは栄養不足であると報告されていることをご存知でしょうか。

 

このような事例も自閉症の原因の1つである背景として、妊娠時のときに葉酸を摂取して染色体異常のリスクを軽減できる研究成果をもと「妊活から葉酸を摂ろう」と推奨しているのです。

 

葉酸は自閉症のリスクを軽減する?

育児系雑誌に妊活に葉酸のサプリメントを摂って母子ともに栄養をバランスよく摂る重要性を呼びかける記事を見かけました。
葉酸はビタミンB群のひとつで、赤血球を作ったり、受精卵の細胞分裂をサポートする働きがあるのです。

 

母体は貧血不足の予防、胎児には臓器、神経の成形(メタレーション)に必要な栄養素として厚生労働省が葉酸を1日400μgの摂取を推奨しています。

 

葉酸が不足すると、神経管閉鎖障害というリスクが高くなり、脊髄の骨、皮膚の欠損、神経組織に障害が生じ、運動機能が低下するというのです。

 

これらの障害がでてくると、自閉症、ガン、うつ、流産、総合失調症が発症すると言われいます。

 

専門医のアドバイスのもとでサプリメントを摂る

ベン・リンチ博士は、自閉症に効果があるサプリメントの摂取の仕方に警鐘をならしている1人です。

 

博士の研究では、「自閉症の人をひとまとめしないで、遺伝子の要素まだ調べて個人に合ったサプリメントの摂りかたをしたほうが効果がある」という考えかたをあるんだと覚えておくと良いでしょう。

 

メタレーションの障害を軽減できると言われている葉酸、ビタミンB12、メチコバラミン、グルタチオン、カルシウム、マルチビダミン、必須脂肪酸、プロバイオティックスなど簡単に摂れば効果がいいという問題ではないと警鐘をならしているのです。

 

同じ自閉症の人全てが効果があるというわけではないため、医師に相談してどの栄養素が個々の体と合うかきちんと調べてからサプリメントを飲むという治療法(生物化学療法)の視点から考えてみました。

スポンサーリンク