自閉症は予防できるのか

自閉症は予防できるのか

自閉症は予防できるのか

自閉症が予防できればいいのにと思ったことがあります。

 

自閉症の原因がまだ研究段階である以上は予防したくても難しい問題だと思います。

 

もし、予防ができれば私たちはどんなことに注意しないといけないのでしょうか。

 

自閉症の予防はできるのか

自閉症の原因がもし遺伝性のものであれば女性であれば妊活の段階で予防ができるかもしれません。

 

無論パートナーの協力が必要ですが、今の段階で分かっている予防の手段を見ていきましょう。

 

自閉症になりやすいと言われているのは「活性酸素」が体内に増えている状態であること。

 

活性酸素は人間の生命活動に必要なエネルギーを燃焼したときに出る「けむり」のようなもので、免疫力の向上など人間に必要な物資です。

 

しかし、あまり多く発生すると組織の老化と脳や神経に影響が及ぼすと言われています。

 

妊娠中に母体に活性酸素が体内に満悦していると胎児の段階で自閉症のリスクが生じてしまうという考えがあるのです。

 

活性酸素を抑制するためにもアルコールを控えたり、禁煙することで自閉症の予防を推奨している産婦人科も存在しています。

 

妊娠中の女性の栄養不足を解消することで自閉症の予防ができる?

自閉症の治療の1つに生物化学療法があります。

 

活性酸素を抑制する栄養素(ビタミン、アミノ酸、酵素、ミネラルなど)をサプリメントで摂取して栄養のバランスを整えます。

 

自閉症の子どもはビタミンやミネラルが不足しているというデータがあるのです。

 

妊娠中になるべくビタミン、ミネラル、アミノ酸などをバランスよくとれるか食事をするなど日々の生活から自閉症の予防ができるのではないかと思うようになりました。

 

まだ研究段階でありはっきりしたことは分かっていませんが、将来的に自閉症の原因と予防が分かる日が来ることを信じて待つことにしましょう。

スポンサーリンク