自閉症 仕事 症状

自閉症と仕事の関係

自閉症と仕事の関係

適切な仕事環境

自閉症という障害の特徴である、コミュニケーションの問題や言語の発達の問題等は働く環境によっては大いに支障をきたす恐れがあります。人によって程度は異なりますが、自閉症の方でも働ける環境はどのような職場なのか考えてみましょう。

  1. 職場が障害者を受け入れる体制である。
  2. 勤務時間や雇用形態を考慮できる。
  3. 接客や電話応対等がなく単純作業である。
  4. 同僚の理解があり、サポートを受けられる。

環境の整った職場で働くことは前提ですが、仕事が終わった後の家族の関わりもとても大切です。職場であったことを話せる環境や、表情を汲み取ってあげること、疲れを癒すこと等、メンタル面を支えるのは家庭の役割です。また、家庭での出来事や職場での出来事を両者が理解していることが望ましく、できれば、家庭と職場で連絡等を交わす等の工夫があると良いかもしれません。

 

無理が生じると、何かしらの変化が出てきます。食欲がなかったり、家族に八つ当たりしたり、暴力的になったり、うつ症状がみられたり、体調が優れない等の症状がある場合は、職場に連絡し、無理させることなく医療機関への受診を行うことが大切です。

 

働く機会の提供

障害者に対する雇用促進は進んでいるものの、自閉症やその他の障害を抱えての就職は容易なことではありません。授産施設等で働いている人も居られますが、授産施設止まりであり、社会進出までに至らないケースが多いのが現状です。企業の受け入れ先が少ないという事実がありますが、以前に比べると少なくても障害者の雇用は進んできました。

 

今後、働く機会を提供してくれる職場が増えれば、多くの障害者が社会にでられます。制度、政策ともに今後の課題となっています。

スポンサーリンク