自閉症の脳の特徴

自閉症の脳の特徴

自閉症の脳の特徴

先天性脳機能障害である自閉症。

 

脳の伝達やコミュニケーションの機能がうまく動かないと言われています。

 

そのため、コミュニケーション能力、会話、聴覚、味覚など極端に鋭かったり、鈍かったり個性とひとくくりするのが難しいかもしれません。

 

サイコパスのように脳の機能が研究によってどの機能が乏しいかはっきりしていますが、自閉症の場合は脳のどの部分が異常なのか不明であるため今日も研究が進められているのです。

 

今の段階で分かっている自閉症の脳の特徴

国立精神・神経医療研究センターの研究によると自閉症の脳は脳構造である神経回路・シナプス、軸索といった記憶をファイルする容量が通常より少ない特徴があるということ。

 

脳の神経細胞脳の数が多いことから伝達機能に異常が生じて、2歳以降から自閉症の症状が出る要因として、大脳(前頭葉、側頭葉、扁桃体)と小脳に異常がでてくるとのこと。

 

大脳と小脳の働きを簡単にまとめると運動・情報・学習、理性をつかさどる機能です。

 

大脳が異常が生じると、自閉症の特徴である「運動機能が低下」「会話ができない」「自分の感情のままに行動する」「目に見えているのに正確に見えていると判断されない

 

オウム返しの行動が起きてしまうのは大脳の異常から生じているのかもしれません。

 

自閉症の脳は大脳と小脳の異常からなるのか?

何度も同じ行動を繰り返す、オウム返しをする。これらの行動は何かしら脳の構造や発達機能が乏しいらしのが今の研究の段階です。

 

自閉症は遺伝子の異常からなる先天性の障害ですが健常者の脳よりは異常が生じていることは確かです。

 

過去には自閉症は親の教育は悪いと言われてきましたが、研究によって長年の偏見の解放と自閉症の支援の環境が整えつつある今日。
今後10年、20年後と先の未来には、自閉症のメカニズムと治療法が明らかになることを常に願うばかりです。

スポンサーリンク