自閉症の女の子・女性

自閉症の女の子・女性

自閉症の女の子・女性

世界的に見ても自閉症は男の子に発症する割合が多いと言われています。

 

その理由として脳の働きが男性、女性と異なるため自閉症の症状が現れる時期が男性よりも遅いと研究で明らかになっています。

 

女の子の自閉症の症状が出るのは4歳くらいとデータが物語っているのではないでしょうか。

 

女性の自閉症の症状が遅れる理由

女性は常に24時間、だれかを気遣う力が必要ですよね。

 

時代を変わっていても女性は家庭を守り子どもを育てるという役割は変わっていません。

 

その役割から自分の都合の悪いことは「気にしない」「表にださない」「その場をやり過ごす」という行動を無意識に行うことから、自閉症の症状は自分にとって「気にしない」「やり過ごす」行動から男性より発見が遅くれるという考えが有力とされています。

 

自閉症だと認識できないまま成長して幼稚園や保育園でグループ行動ができないと先生に指摘されたり、友達から嫌われるきっかけになってしまうリスクが起きやすいのも問題ではないでしょうか。

 

家族も「うちの子は普通。」の気持ちが強くなり、子どもの精神的負担が強くなり違う障害が併発する恐れがあるのです。

 

女の子がだから自閉症にならないと確証はない

事例として親が自閉症と認めずに大人になってしまった女性は社会がとても生きにくいことに疑問を持っていました。

 

今更と調べたところ自閉症だと分かり「やっと理由がわかった」とホッとしたそうです。

 

その女性は「仕事のミスが多い」「計画を倒れをする」「物事の考えが一方通行。人をうまく使えない」など人と何か違うと悩んでいましたが、彼女は前向きに「外で働くと迷惑かけるから家で働くよ。」と在宅ワークで仕事しています。

 

彼女のパワフルさと前向きさをみると想像ができないくらい悩みに悩んだことでしょう。

 

大人になってから自閉症と分かるケースもあるということをご理解していただければ幸いです。

スポンサーリンク