自閉症と寿命

自閉症と寿命

自閉症と寿命

自閉症の寿命が健常者より短いというデータが注目されています。

 

スウェーデンのカロリンカス研究所が発表したもので、その要因が衝撃なものでした。

 

自閉症が短命な理由

スウェーデンのカロリンカス研究所が「自閉症の人は健康な人の寿命に比べて平均18年も寿命が短い」というものです。

 

その背景には自閉症の人のなかにはさまざな疾患を患ったり、二次障害を併用したりと健康に乏しい体の状態だからと考えられてきましたが、1番の理由がなんと「自殺」。

 

今の社会は健常者しか生きられない世の中であることは否定できません。

 

社会が自閉症に対する偏見、周囲の目、社会からの孤立という悪循環に耐えられなく自ら死を選ぶ確率が高いというのです。

 

社会の仕組みを見るとスウェーデンの研究発表があまりにもリアルに社会の闇を見せつけられた気がしますね。

 

社会の一員として生きる優しい世界へ

自閉症だから寿命が短いのはあまりにも酷ではないでしょうか。

 

彼らだって生きる権利はあるわけで、私たちが自閉症の人を追いやっているのであれば、私たちの意識を変えないといけません。

 

自閉症の特有である「こだわり」をスポーツやアート、音楽、IT、サイエンスなどの分野で活躍している人がいるように、誰もが社会の一員なんだ。と強い意識を持って生きれば自閉症の人を「個性が極端に強い人」「興味があればとことん追求する天才肌の持ち主」と思える社会を作る人たちが増えていけば優しい世界が完成することでしょう。

 

あるアニメのように人間を100%心理的、科学的、物理的から診断できるテストあり、何かしらの「障害」を持っていたと判断された時にこの真実を受けいることができるのでしょうか。

 

自閉症の人は過酷な環境で生きているのかもしれません。そんな環境の中でも「生きる」気持ちを持てるような社会にしてきいたいですね。

スポンサーリンク