自閉症になる確率・割合

自閉症になる確率・割合

自閉症になる確率・割合

自閉症は1950年頃の日本は存在していなかったというデータがあります。

 

ということは自閉症の人が増加傾向であると物語っています。

 

自閉症になる確率とは

自閉症になる確率は1990年代から世界規模で一気に増加していて1万人に60人の割合で自閉症にる人が存在するということが分かりました。

 

しかも男性の方が発症率が高く、男性4:女1の確率で男性の方が自閉症になりやすいのです。

 

アメリカの疫病管理センターによると2007年には150人に1人の割合で自閉症になるというデーターを出しています。

 

自閉症の割合が年々増加しているのは研究が進んでいることと、自閉症の検査が進歩していること。

 

そして、再度検査をして自閉症と診断される人が増えているから、確率や割合の数値が変わっていくという考えだと納得できます。

 

ある専門医の考えは環境の変化によって自閉症のリスクが高くなっているということ。

 

アレルギー・ワクチンと自閉症の割合増加の関係性

アレルギーを持っている人が増えていて、体内の毒素が外に排出できないため毒素が脳機能を破壊するリスクが生じてきます。それにより自閉症の子どもを出産してしまうと言われいるのです。

 

自閉症の確率とアレルギー疾患の関連性はまだ不明のまだままですが、アレルギー疾患を治療する薬やワクチンに含まれる物質が皮肉にも自閉症の発症率を増加している可能性があるということ。

 

免疫対策予防センター(CDC)は、おたふく風邪、麻疹、流行性耳下腺炎を予防する新三種混合ワクチンが自閉症になる割合を増加するデーターを隠蔽するほどワクチンと自閉症の割合の増加と関係性は深いということです。

 

イタリアでは新三種混合ワクチンを接種して自閉症になったと裁判を起こし、裁判所はワクチン接種をしたことにより自閉症になったと認める判決を下しまました。

 

良かれと思って子どもに多く予防接種を受けることが、自閉症のリスクを高めているとは誰が想像するでしょうか。

スポンサーリンク