自閉症の絵画の特徴

自閉症の絵画の特徴

自閉症の絵画の特徴

自閉症の人の絵画はとても細かく、繊細、明るいのが特徴です。

 

自閉症のこだわりが絵画にプラスとして生きているのは個展を見ると納得してしまいますよね。

 

自閉症の絵画の特徴

自閉症の人は視覚優位の人が多いため、目から見える世界をそのまま絵にしてしまうケースがあります。

 

何も変哲もない野原が自閉症の人は光が輝いている野原と見えるのであれば「光が輝いている野原」の絵を描くことでしょう。

 

理由として自分が見た記憶を鮮明に覚えている自閉症の特徴のメリットが生かされているということです。

 

視覚優位に描く絵画

視覚優位が多い自閉症の人が描く絵画の特徴として、立体に描くことが得意としています。

 

目から見える情報を鮮明に記憶してそのままのカタチを描くことができるため、自閉症の人が描く絵には奥行きがある絵になるということです。

 

さらに絵画だけではなく切り絵も得意らしく、平成の山下清と言われている「上田豊治」さんの切り絵は背景をそのまま切り絵にしたような作品として注目されています。

 

絵を描くということは、自分の思いを周囲に伝えるメッセージとして私たちに訴えかけているんです。

 

機会があれば自閉症の人が描いた絵画を見てください。とても暖かい気持ちになるはずですよ。

 

その人の見たままの世界が明るいのか暗いのをいかに個性的、繊細、細かい、立体的、タッチが優しい、色彩で表現しているので時には衝撃な絵画に出会うかもしれません。絵を描くことは言葉で表現する替わりに発達した特殊能力なのですから。

 

特殊能力をいかに見つけて個性として伸ばすかは周囲の目にかかっています。

 

周囲が「障害者」として見ているのは簡単です。

 

「強い個性」をもつ人間として自閉症の人を見ている視野は、私達の生活や心を豊かにしてくれることだと信じてやみません。

スポンサーリンク