自閉症の人は方言を話さない傾向にある?

自閉症の人は方言を話さない傾向にある?

自閉症の人は方言を話さない傾向にある?

日本国内に住んでいれば生まれた地域の方言で会話したり、つい方言が出てしまうことがあるでしょう。

 

青森県の弘前大学の研究で「自閉症の人は方言を話さない」という発表がありました。

 

家族や療育施設の関係者が方言を話すことにより自閉症の人が混乱してしまう恐れがあると研究により分かってきたのです。

 

研究により自閉症の人は標準語で話す?

弘前大学の研究発表によると、京都、高知、鹿児島など全国6カ所で調査したところ、標準語で話している傾向があるとのこと。

 

この発表により周囲も標準語で話すことで自閉症の人とのコミュニケーションを取れやすいことが分かり、今後のトレーニングに大きい発展があるそうです。

 

自閉症の人は耳からの情報を脳が認識しないため、目から入ってくる情報を認識します。

 

例えばニュースを読むアナウンサーは標準語で話しますよね。

 

電車の発着を伝える駅員のアナウンスも標準語です。

 

駅員のアナウンスをオウム返しをしながら言葉を覚えるため、方言で話す機会が存在しないかもしれません。

 

あくまでも一概には言えない

「方言で話す人を知っている」

 

SNSからの情報を調べてみると、一概に言えないかもしれません。

 

しかしコミュニケーションを取りやすくなるメリットは大きくなったのは社会的に見ても良いことだと思うのです。

 

弘前大学の発表のほかに、東北文化大学の藤原加奈江教授は「背景と言葉を一緒に覚えることが難しい自閉症には、方言を意識するのが困難だから。」という説を述べています。

 

難しい言葉を認識するのが難しいからという説もあったりと、自閉症の人が方言をしゃべらないという理由はまだ真実に到達していないかもしれません。

スポンサーリンク