自閉症の人は笑わないのか

自閉症の人は笑わないのか

自閉症の人は笑わないのか

自閉症の症状を赤ちゃんの頃に気づく家族があるように、健常者とは違う何かが表に出ていることがあります。

 

特に赤ちゃんの頃は、喜怒哀楽が強く、泣いたり笑ったりして家族とのコミュニケーションをとることを強く意識していると、自閉症の赤ちゃんの特徴に「笑わない」という焦点を置いてしまい偏見が生まれるリスクが出てきます。

 

赤ちゃんが泣かない、笑わないは個人差によるものが多いため、ネットの情報に左右されると間違った情報により子どもを傷つけてしまうかもしれません。

 

自閉症は笑う、笑わないで判断をしない

赤ちゃんが笑わないから自閉症と決めつけるのは偏見であり、赤ちゃんの時期は健常者の赤ちゃんと変わらないのです。

 

自閉症の症状が出てくるのは1歳くらいから出てきます。

 

同じ場所をハイハイしながから回り続ける、クレーン現象が見受けられるなど行動から「おかしい」と専門家に相談するケースもあると思います。

 

自閉症の赤ちゃんも笑うケースが実例でも判明されていますが、笑う意味に脳の伝達が健常者の伝達が違うという問題が生じてきます。
しかし、ある程度成長しないと自閉症だと判断をするのが難しいということです。

 

感情が出てくる時期に異常が出てくる

1歳になるにつれ感情がはっきりします。

 

お母さんがあやしているのに全く笑わない。

 

声をかけてもお母さんの方向を向かない。

 

椅子に座っても落ち着きがない。

 

気になるようであれば専門医に相談するなどして周囲の助けを求めるようにしてください。

 

ある事例で「いないいないばあ」をしても全く笑わない我が子が気になり毎日「いないいないばあ」を繰り返していたら、目の焦点が合ってないことに気づき、専門医に相談したところ自閉症と診断されました。

 

世間体を気にしせずに恥ずかしいことではない環境を作ることが必要です。

スポンサーリンク