自閉症の人の世界の見え方

自閉症の人の世界の見え方

自閉症の人の世界の見え方

自閉症の人の世界はどのように見えているのか。自閉症の人の絵は素晴らしいと言われていくるらいメルヘンな世界なのでしょうか。

 

それとも闇に閉ざされた暗黒の世界の見え方をしているのか。自閉症の人が生活している世界を体感できる方法があるのです。

 

自閉症の人の世界とは

自閉症の人がどんな世界に生きているのかを理解するために作られた動画があることをご存じでしょうか。

 

その動画を見ると、自閉症の人は常に生活音が世界を支配して、カメラのシャッターの光がまぶしく照らした瞬間に世界がグルグルと回り始め、恐怖が体を支配する。これが自閉症の人が生きる世界の見え方なのです。

 

行き交う人、ショッピングモールのBGM全てが恐怖に感じとれる見方で生きているとは動画を見るまでは理解できなかった。

 

動画を見終わってあらためて自閉症の人が起こす奇声、パニックを起こす要因が社会全体だということに愕然としています。

 

今日も彼らはその世界で生きているのです。

 

絵から見る世界

次に自閉症の人が描いた絵から見た世界はどうでしょうか。

 

器用で細かく丁寧なタッチ、明るい色彩。

 

絵から感じる「世界に生かされている」幸せと喜び。

 

どれも誰かを元気にさせるパワーを感じさせます。

 

自閉症の人は誰かのサポートを通して生きているため、「生かされてる」気持ちが強いんだと思います。

 

自閉症の人がいる世界を動画でみた直後で見た絵画は、怖いばかりじゃないんだと世界は素晴らしいんだと人一倍感じとっているのではないでしょうか。

 

私たちとは違う見え方で世界を感じ、生きているんだと生きる勇気を与えてくれます。

 

絵や動画を通して社会は自閉症などのハンデを待つ人に優しい世界の見え方とは一体何かを問いかけてくるようです。

スポンサーリンク