自閉症 本 症状

自閉症の本

自閉症の本

自閉症についての本

自閉症についての本は、数多く出版されています。自閉症の子供との関わり方や育て方、教育等はどこの本屋さんに行っても並んでいるのではないかと思います。参考になる本もあれば、専門用語が羅列されていて難しくて理解出来ない本等、さまざまだと思いますが、読んでいて苦にならず、共感できる本が楽なのではないでしょうか。

 

自閉症の作者

数ある本の中に自閉症の方、本人が執筆する本があります。自閉症の方本人による大権に基づいたストーリーは、多くの方の共感を呼び、世界的にも有名になっています。ここで紹介するのは「自閉症の僕が飛び跳ねる理由」東田直樹さんが執筆したこの書籍がアメリカでも多くのメディアが取り上げました。

 

その内容の多くは、自閉症の症状に対することが多く、「どうして同じことを何度も聞くのか」「どうして手をひらひらさせるのか」等、彼ら自身がわからない行動について書かれています。自閉症の世界は当事者にしかわかりません。彼自身、人とのコミュニケーションは上手く出来ず、いざ、話そうとすると言葉が出なくなるようです。

 

しかし、彼の才能はパソコンを使って文章にすることができるということです。一見、文章が書けるのなら話せるのではないか?と思う人もいるかもしれませんが、それがこの障害の辛さなのです。

 

現在、東田さんは十数冊の本を出版されていますが、彼の物語は自閉症の症状そのものが表現されており、共感できる点が沢山あると思います。人にはわからない辛さを、読む人に伝えることができるその才能で、多くの自閉症を抱える人や家族が救われたのではないかと思います。

 

彼以外にも、自閉症の体験や、自閉症の子供を育てた母親の書いた本等があり実体験に基づいた本は共感でき、励みになるのではないでしょうか。

スポンサーリンク