自閉症の聴覚過敏

自閉症の聴覚過敏

自閉症の聴覚過敏

聴覚過敏とは、普段何も感じない音でも大きく聴こえる現象で、時には苦痛を伴います。

 

自閉症の特徴として聴覚過敏の人が多く人の声が苦痛に感じで奇声をあげる行為が公共の場で見る機会が何度かありました。

 

ただ奇声を出しているだけではなく人の声や音にとても敏感な人なんだと理解する必要があるかもしれません。

 

聴覚過敏の不便さ

バスの音が怖いの自閉症の子どもがいたとします。

 

どうしてもバスで目的地まで行く場合にどんな対策をするのか。

 

子どもが恐怖心を軽減するために耳栓を付けせてバスに乗せるということ。

 

それでも怖がる場合は「音が出るのは仕方ないよ。」と上手に説明するんだそうです。

 

ひどい子は家族の会話。つまり人の声が敏感になり「おはよう」でもパニックになるという事例があります。

 

音に敏感というのは自閉症の人にとってとても不便であることと。視覚優位が多いという理由も分かってきました。

 

もう一つの特徴として、耳から入る音は「苦痛」と「よく分からない情報」の2つの考え方があり、オウム返しをする行動は「よく分からない情報」を発していること。

 

体を揺らして耳を塞ぐ行動は、音が苦痛というサインなのです。

 

一つ、一つの行動に意味があるんだなと感じました。

 

聴覚過敏の治療について

自閉症の人は私達が理解できない体の不便さに苦労しているんですね。

 

聴覚過敏は交感神経になる一種のトランス状態のことを指し通常の人もストレスや疲労などで症状が出やすいとされています。

 

ひどい症状であればビタミン剤や精神安定剤を服用して治療が可能ですが、体をゆっくり休ませる場所の確保が必要。

 

自閉症の人にとって安心できる場所に居るのが難しく、いつも神経が興奮している状態で過ごしているのです。

スポンサーリンク