自閉症と迷惑行為

自閉症と迷惑行為

自閉症と迷惑行為

自閉症の家族が悩みは何かというと「迷惑行為」ではないでしょうか。

 

その迷惑行為という判断は健常者側の考えだということを意識しないといけません。

 

自閉症の人が起こす行為は周囲に伝える手段だからです。

 

自閉症の行為は理解が難しい

自閉症の迷惑行為で困っている大半は健常者側です。

 

学校で授業中に急に泣き出す、落ち着きがなく教室を走り回る、隣の席の生徒の体を傷つけるなど。

 

騒ぎが大きくなればなるほど、「問題のある生徒」として認識され自閉症の家族のサポートを拒否してしまう状況になってしまいます。

 

学校の特別支援学級に通っている、作業所で働いている時でも「癇癪を起こす」「暴れる」というのが続けば学校や作業所に通えなくなる可能性もあるのはおかしな話です。

 

自閉症の人たちが集まる場所だと、自分が今伝えたいことが「迷惑」と見なされ問題が大きくなり専門スタッフの対応が間に合わない場合もあると思います。

 

問題が起きれば家族はその行為に対して謝ることで事が過ぎ去って行くしかないのも問題ではないかと思います。

 

自閉症の家族のサポートが必要

家では迷惑行為をなだめ、外では行為を行ったことに周囲に謝罪するばかり。

 

日常生活の中で毎日起きていれば自閉症の家族の精神的な負担は大きくなるばかりです。

 

理解したくてもどうやっでは接していけば分からなから厄介者扱いにしてしまう現状も否めません。

 

ある自閉症の支援施設では対策として「障害を持っています」というカードを外出の際に首にかけるんだそうです。

 

分かりやすく意思表示をすることによって、周囲の理解を得るというメリットが生まれます。

 

自閉症の家族の負担を減らすことで当事者や家族のストレスを軽減できることは何よりもありがたいサポートだと言えます。

スポンサーリンク