自閉症と他害行為

自閉症と他害行為

自閉症と他害行為

他害行為とは、通常では何も思わない時でも急に人を傷つけたりモノを壊したりする自閉症の特有の行為です。

 

とくに自閉症は通常の人よりも「こだわり」が強いためこだわりを周囲に壊されると他害行為をする可能性が高いのです。

 

他害行為を起こする要因

自閉症はコミュニケーションが取れないため、怖い、つらい、嫌悪感を親や周囲の人に伝えるのが難しいため、自分の身に何か嫌なことが起きた、おもちゃを友だちに取られてしまった時に、 自分で対処することができずにパニックを起こし、おもちゃ、または他人を傷つけてまいます。

 

当事者が他害行為を行った場合はいかに冷静に物事を見ないときけません。

 

この行為が「おもちゃを取られた」というサインなのかを読み取る必要があります。

 

他害行為は単なる暴力行為だと思われがちですが、今の状況を何とか周囲に伝えたい一心で行っているのです。

 

しかし、大人になれば「セクハラ」や「パワハラ」と思われてしまうため社会が自閉症を受け入れる環境ではないことを物語っています。

 

自閉症の人は「伝えたい」一心で他害行為をしているんだと理解できたら社会の垣根が少し低くなると考えてます。

 

他害行為を受けた時の対応

突然、見知らぬ人から頭を叩かれたら「何するんだ」とトラブルに発展しまうリスクが高いですが、相手が自閉症の人であれば「何で叩いたの?教えてください」と伝えてみて何も答えがなかったら少し距離を置くようにします。

 

そして、施設のスタッフがいれば状況を説明したり情報を伝えるなど対策を考える状態を作ることも必要です。

 

叩いた理由をしっかり自分の声で発した時には、「よく言えたね、次から??しようね。」と相手を叩く行為の他に別の表現のしかたを教えて当事者が教えた通りにできたら「よくできたね」と褒めることで他害行為を抑える効果が期待できます。

スポンサーリンク