自閉症と暴力・暴れる行為

自閉症と暴力・暴れる行為

自閉症と暴力・暴れる行為

自閉症の症状の中で突然暴れたり暴力をふるったりします。

 

自閉症の子どもを持つ家庭の共通の悩みは「暴れる行為」が多くどのように対応したら良いのか分からず家庭が崩壊していくことも少なくありません。

 

自閉症の暴力行為とは

幼児期における自閉症の暴力または暴れる行為はどういったものか見てみると、「床をドンドンと足踏みする」「積み木などのおもちゃを倒す」「髪の毛を引っ張る」「壁を蹴る」「奇声をあげる」と言った行為です。

 

またトイレでおしっこをせずにあちらこちらでお漏らししてしまう行為もあります。

 

この行為の対応は周囲の大人が感情を高ぶらないようにサポートするのが1番ですが、そこまで気持ちが付いていけない家庭が多いのも状況も深刻な問題が起きている状況も否めません。

 

暴力行為は当事者の気持ちは「不安、恐怖、ストレス」のサインと言われており一種のコミュニケーションの1つというように見てあげる気持ちが必要になってきます。

 

また、自分を見て欲しいという意思表示として読み取ることも考えられ、「行為」なのか「行動」なのか区別が難しいかもしれません。

 

家庭環境の影響もある

自閉症の暴力行為が症状のせいではないと断定できない場合もあります。

 

それは夫婦間で手を挙げてしまう環境で子どもが育った場合、ストレスが溜まると不特定多数の人に手を挙げてしまうこともあります。

 

このように家庭環境の影響で他人に暴力を振るってしまうこともるあるのです。

 

これらの行為がひどくなる場合は自閉症の子どもの支援がうまく行われてなかったという原因から生まれてくるというデータも存在するのです。

 

自閉症の暴力行為を緩和するためにも自閉症の子どもたちを預かっている医療施設に預けて子どもたちが1番環境がは良い場所を提供するのも家族の役目であると同時に自閉症のことを子どもを通して学ぶきっかけになるとと考えています。

スポンサーリンク