自閉症と独り言

自閉症と独り言

自閉症と独り言

自閉症の症状の1つに見えない誰かと会話しているかのように独り言を常に話していることがあります。

 

自閉症の独り言の場合は家族との会話、駅のアナウンス、アニメやドラマのセリフを突然大きな声で発する人を見かけたり聞いてびっくりする状況になったらどう接すれば良いのでしょうか。

 

独り言をしゃべる理由

バスの車内で大きな声で1人でしゃべっている人がいたとします。

 

決して無意味にしゃべっているわけではなく、自分の耳に残っている会話を口にしています。

 

バスの車内で大きな声をしゃべっている人がリラックスしている、この環境が楽しいという感情が高ぶっている時に発しする場合があります。

 

また、本人の意思とは別に独り言を発する場合もあり本人もとうして独り言を発するのか分からないというのが現状です。

 

上記で「アニメやドラマのセリフ」をエンドレスに発している時は「自分の世界」に入っている状態であることを示しているのです。

 

自閉症は言語発達が遅れているため、独り言を発することにより言葉の発達の練習ができるといメリットがありますが、保護者にとっては周囲の迷惑になることを危惧して独り言を止めさせる場合が多いのです。

 

自閉症のことを理解していない今日。

 

公共の番でいきなり大きな声で話している人が近くにいるとどうしても偏見な目で見られてしまいます。

 

ですが独り言によって当事者が今どんな気持ちで過ごしているのか考えてあげるのも必要です。

 

独り言の対策

自閉症は一生涯において付き合っていかなければいけない障害であり大人になっても独り言を発することがあります。

 

周囲にできることは「そういう人もいるんだ」という寛大な気持ちでいることです。

 

自閉症の人は何か周囲に訴えてる行動を独り言として発しています。

 

気分が悪い、これから行く場所に行きたくないという感情を発していたとしたら、やさしい口調でわかりやすい言葉で伝えることが大切と言えるでしょう。

スポンサーリンク