自閉症と自傷行為

自閉症と自傷行為

自閉症と自傷行為

自閉症の特徴として自分から頭を壁にぶつける、手を噛む、または手足をかきむしるという行為をします。

 

その行為は自傷行為と呼ばれ自閉症の人が自傷行為を行うにも必ず理由があると言われています。

 

自傷行為を緩和させる方法

自閉症は人に興味を示さない、意思疎通ができないことから自分の意思を伝えるための行動と言われています。

 

しかし、「ご飯を食べる」「友達と遊ぶ」「本を読んでいる」時は自傷行為をする人は少ないというデータがあります。

 

また、人間に必要な栄養分が自閉症の場合だと極端に不足していると考えられており、アメリカサンディエゴにある自閉症の研究所の実験で実験対象者である自閉症の人たちにカルシウム、ビダミンB6を含む食事をやサプリメントを与えたところ、自傷行為をしない、言葉をしゃべる力。つまり言語能力が上がってきたというのです。

 

近年、妊活などで「葉酸を摂取しましょう。」と葉酸の摂取を推奨する動きがあります。

 

”ノルウェーの研究で葉酸を摂取することで自閉症のリスクが49%を低下したと発表がありました。”

 

※参考資料「そもそも発達障害・自閉症とは?」葉酸110番
http://yousansapuri-110ban.jp/developmentaldisorder.html

 

データから見て、自傷行為の要因は体内の栄養のアンバランスかホルモンのアンバランスという考えと、サプリメントや食事から自傷行為を少なくする方法もあるのです。これらの方法を糖鎖栄養療法と呼ばれています。

 

周囲の理解も必要

自閉症の自傷行為がホルモンの影響で行われている要因という考え方もありますが、周囲が自傷行為をしている理由を理解してあげることが大切です。

 

自閉症はコミュニケーションが取れません。周囲が自分を理解してくれない態度への不満を表しているか、周囲の目を自分に向けようとしている行為であることを理解しておくことが自閉症の人たちが求める安全な環境なのです。

スポンサーリンク