自閉症には兆候はあるのか

自閉症には兆候はあるのか

自閉症には兆候はあるのか

自閉症の兆候は1歳半?3歳頃から見られます。

 

赤ちゃんと一緒に過ごしていくちに何か違う行動を頻繁に起きると自閉症の兆候でないかと言われています。

 

赤ちゃんの自閉症の兆候

赤ちゃんの頃に自閉症の兆候だと言われる行動は、「母親の目を合わなさない。」「抱っこを嫌がる」「落ち着きがない」

 

赤ちゃんにとって母親は絶対的な存在かつ自分の安全が守られる存在であり、言葉がしゃべれない分、母親の目を見ながらでコミュニケーションを取ります。

 

しかし、自閉症の赤ちゃんは母親の目を合わそうとしないのです。

 

生後半年くらいになると、常にハイハイして落ち着きがない感じで動き回ります。親からすれば「好奇心が旺盛な子」だと思ってしまうかもしれません。

 

この時期は自我が目覚め、家族の顔が分かるようになり「この人は嫌」「この人は好き」と情緒発達が芽生えてくるのですが自閉症の兆候として人に無関心。人見知りや母親が自分のそばを離れても泣きながら後追いをしない行動を起こすのです。

 

1歳くらいになると自閉症の兆候は以下のように誰からおかしいと感じる思う行動が現れます。

 

「言葉の遅れ」「返事をしない」「 指差しをしない」という行動と自分がやりたいことを自分の手ではなく親の手を使って自分のやりたいことをしてもらう「クレーン現象」という行動を頻繁に見かけることがあれば、自閉症だと疑っても良いかもしれません。

 

自閉症の兆候を理解する

日本国内では自閉症を治療する決定的な方法は確立していません。そのため周囲からの誤解を生じるリスクは高いままです。

 

しかし、自閉症の兆候が赤ちゃんの頃に出てくる「行動」を把握して家庭での環境や自閉症の子どもをサポートをする施設の確保など早い段階で専門医に相談することが重要です。

スポンサーリンク