自閉症と妊娠

自閉症と妊娠

自閉症と妊娠

妊娠と自閉症の関係

自閉症の原因は、まだ解明されていない部分が多数あるのですが、原因にはいろんな説があります。例えば、男性の年齢が高齢になるにつれて自閉症児が生まれる確率が高くなること、妊娠中に葉酸を摂取し、必要なビタミンを取り入れることで自閉症の発症頻度が減るということもわかっています。

 

また、妊娠中に母親が過度のストレスを抱えていると障害児が産まれるリスクが高まる兆候があると言われています。自閉症は、先天性の異常であり、母親の育て方や愛情不足によるものではないことがわかっていますが、妊娠中の過ごし方や必要な栄養が補えていないこと、また、両親の年齢による原因説が多数上がっているのは事実です。

 

自閉症を予防するための妊娠中の過ごし方

自閉症のリスクが高まるという高齢出産を除いては、胎児が自閉症にならないように予防することができると言われています。例えば、産婦人科でも推奨されている葉酸サプリメントを取り入れることや、ストレスを抱えない環境を作ることも大切です。

 

特に、妊娠中はホルモンのバランスが大きく変化するため、体調が優れなかったり、イライラしたりということは多くの人が経験することだと思いますが、過度のストレスは自閉症だけではなく、他の精神障害や知的障害を引き起こす可能性が高いということもわかっていることから、対策を考えることが予防にも繋がると思います。

 

羊水検査で自閉症はわかる?

妊娠中に羊水検査をすることで、赤ちゃんの障害の有無がわかるといわれています。しかし、自閉症や発達障害は羊水検査をしてもわからないといわれています。しかし、1つ言えることは、この世に自閉症と診断された人はたくさんいます。その命の中に、産まれてこなければ良かった命なんてありません。万が一、自閉症の子供が産まれてきても、家族で良い人生を見つけることが大切なことだと思います。

スポンサーリンク