国の自閉症支援

国の自閉症支援

国の自閉症支援

国の自閉症支援の現状

自閉症を抱えている人のおよそ8割が知的障害を抱えています。障害を持って働くことは容易なことでなく、働かないと自立することができないこと、生活困難になってしまうことなどさまざまな問題が生じます。我が国は、その政策として障害者の就労支援を行っています。就労継続支援B型とA型、企業への障害者の雇用を促進するなどの取り組みが行われています。

 

企業においても補助金の助成や雇用率の規定を設けています。しかし、障害者の雇用状況はまだまだ低く、多くの人が就労にありつけていないという現状があります。また、障害者のための作業所や授産施設の工賃についても問題があり、「工賃」の低さは、生活を助けるものには繋がらず、「働きがい」という生きがいに繋がるものに限定されてしまっている傾向があります。

 

国の自閉症支援の課題

自閉症や知的障害を抱える人にとって、就労については深刻な問題です、国の施策はまだまだ乏しく、働きたくても働けない障害者は非常に多くおられます。実際に、障害者が作業所から一般企業に就職できる確立は今のところ、1〜3%程度だと言われており、社会進出には厳しい壁があるようです。

 

また、小規模作業所や授産施設で就労している障害者が、社会で働くことなく、そこで何年も何十年も働いているということも少なくなく、それ以上に発展出来ていないのも大きな問題とされています。障害者が社会で働けるようになるには、補助金を引き上げることや企業に対しての啓発活動、フォロー体制を充実させるなどの働きかけが必要だと思います。

 

また、自閉症を抱えている人他の障害を抱えている人に対しての社会的バリア、心理的バリアなど多くのバリアがありますが、これらを排除し、社会で自信を持って生きていけるような取り組みはまだまだ必要であり、今後の課題でもあります。

スポンサーリンク