重度自閉症児と保育園

重度自閉症児と保育園

重度自閉症児と保育園

重度自閉症児へ保育園に入れるの?

自閉症児やその他の身体障害、知的障害、精神障害を持っている子供たちは、保育園の入学が難しい傾向があります。

 

とくに、自閉症でも重度や最重度に分類される子供たちは受け入れ先がなくて、幼いころの集団生活の場を経験することができないことも少なくありません。また、子供だけの問題ではなく、主に保育をする保護者が働きに出られないということで経済的に困窮してしまう家庭も少なくないのが現実です。

 

保育園や幼稚園が重度自閉症の子供を受け入れる場合、多くの場合、支援員が設置されていることが多くみられます。

 

重度自閉症児の保育園での対応

市町村でも異なると思いますが、公立の保育園を希望される場合、受け入れ先保育園と市町村が連携し、支援員を設置することができます。他の園児たちと、集団生活の中で生活をしていきます。支援員がついていますので、できないことは一緒に行ったり、違う活動をしたりとその時々に合わせた対応を行います。

 

また、特に自閉症の子供は、環境の変化に敏感であり、適応能力に乏しいという特長を持ちますので個人のペースに合わせ、集団の中でも、個人の空間を大切にします。

 

重度の自閉症や障害児のいる環境

重度の自閉症児や障害児を受け入れる保育園はそれほど多くありませんが、障害児を受け入れることによって他の園児にも良い影響を与えます。子供の頃に培うことができる“助け合いの精神”“思いやりの心”は良い人間を育てます。

 

また、“ノーマライゼーション”障害者も健常者も同じ権利があるという考え方は、今後の社会には必要なものであり、幼いころからそれを当り前に受け入れられる心はとても大切なものです。障害を持って生きている人たちとの関わりを通して学ぶことは多く、同じ環境で成長できるということは、プラスになるでしょう。

スポンサーリンク