自閉症と盗み癖

自閉症と盗み癖

自閉症と盗み癖

自閉症の人は盗み癖がある?

自閉症の人が、物を盗んだという話を聞いたことがある人は少なくないでしょう。しかし、自閉症の人の盗みの背景にあるものは「固執」が大きく関わっている可能性があります。

 

自閉症の特徴の1つで、物や人、興味に固執することがありますが、あまりにも執着心が強いと、欲しいものや手に入れたいものを黙って持ち出したり、自分の物にしょうとすることは否定できません。これは、小さな子供だけではなく、大人になってからもそのようなことが起こることもあります。

 

例えば、何かを集めることに夢中になっている場合には、それがお店に陳列しているのであれば、隠し持っていく可能性も否定できません。

 

健常者であれば、どれだけ収集癖があっても、境界はあるかもしれませんが、自閉症の方の場合には自分自身の欲求のコントロールができないこともあります。しかし、その行動は窃盗ですので、もちろん許されることではありません。

 

誤解しないで!自閉症の窃盗

誤解して欲しくないのは、自閉症の方の盗みについてです。悪事を働き、高価な物や金品を盗む泥棒とは違い悪意がない場合だってあります。

 

小学生の子でも、「自分の興味のあるアニメの柄の鉛筆を取った」という場合もあれば、他人が見ると全く価値のないようなものを収集するために人の庭や家に侵入してしまうこともあります。

 

悪気がなくても、やってはいけないことは、訓練を通して身につけていかなければなりません。幼いころから、1つ1つ覚えていくことで、大人になってから適切な行動ができるようになります。

 

そのため、自閉症の早期の発見から療育に結びつける必要があるのです。自分の欲求を我慢するのも、社会性を身につけるのも時間はかかりますが、根気強く教えていくことが大切です。

スポンサーリンク