自閉症の方との付き合いかた

自閉症の方との付き合いかた

自閉症の方との付き合いかた

プロフィール: Naoさん、25歳女性、アルバイト

 

私のまわりにも一人だけ自閉症の知り合いがいます。

 

自閉症の方は、見た目には全く普通の人と同じなので、まわりの方に言われるまでは、私はその人が自閉症というものであることを全く知りませんでした。 

 

自閉症ということをきいたことにより、自閉症というのはなんなんだろうと興味を持ったことから、インターネットで調べてみると、障害ではなく、先天性の脳機能の障害で、発達障害であることがわかりました。

 

自閉症であることがわかると、いままでに奇妙な行動をしていた理由がわかったことから、これまでの接し方とは違うようになりました。

 

自閉症の知り合いとたまに会うと、うまく話が噛み合わなかったり、話しかけても返事がなかったり、意味の変わらないことを急にいってきたりなど、うまくコミュニケーションをとることができないという場合もありましたが、自閉症も言うことがわかったことにより、こちらが状況を見ながら話しかけたり、コミュニケーションをうまくとれるようにこちらが工夫をするといった方法をとることができたので、自閉症だと言うことを知らなかった時よりもコミュニケーションをお互いにとることができるようになったので、私は、自閉症である場合には隠さずに本人や自閉症の方の家族のが、まわりの方に伝えるということも大事だということを知りました。

 

自閉症ということを知るだけで、一人一人の自閉症の子にあった方法をとることができるのでオープンにするということも大切だと思いました。

 

また、自閉症の方は、見た目には一般の方との区別がつかないため、損をさてしまっている場合も多いと思うので、まわりに伝えることにより得られるものもあると思いました。

スポンサーリンク