自閉症息子と共に、毎日悩みもがいて泣きながら進んできました

自閉症息子と共に、毎日悩みもがいて泣きながら進んできました

自閉症息子と共に、毎日悩みもがいて泣きながら進んできました

プロフィール: S.tさん、32歳女性、専業主婦

 

自分の息子が小学1年生の自閉症スペクトラムです。

 

0歳の頃はよく泣き、眠りが浅く、1歳から3歳くらいまでは癇癪がとてもひどく、いつも息子が怒らないようにハラハラしながら生活していました。

 

言葉は健常児に比べて2歳くらい幼いものの、意思疎通はでき、会話もできるのですが

 

新しい環境がとても苦手で、最初はその空間に入ることもものすごく拒否するため、だんだんと慣らしていかないといけませんでした。

 

幼児教室や幼稚園生活では集団に入ることがなかなかできず、1人だけ好き勝手なことをしていることも多かったです。

 

小学校では特別学級に入り、支援の先生が常に見てくれているのですが、やはり入学したての頃は不安が強くて、何をするにも最初は参加できないような状況でした。

 

でも徐々にですが参加できるようになってきて、今では新しいことでもとりあえずその場にいる、ということまではできるようになっています。

 

2歳のときに落ち着きがないことが心配で、親子教室に通い、3歳で自閉症と診断されてからも民間の療育に通いました。

 

うちの子は療育の場でも、なかなかまともに受けることができなかったので、それほど効果があったようには感じませんでした。

 

療育のおかげというよりは、子供の成長によって、自然と色々と受け入れるようになってきたように思いました。

 

今もたまにうまくいかないことがあると癇癪を起こしてしまいますが、幼児期に比べたら格段に落ち着いています。

 

まだ言葉は同い年の子供に比べたら幼いのですが、親子の会話ややりとりもスムーズにできるし、自分の意思をちゃんと伝えられます。

 

夜中起きてしまうこともありません。

 

支援級で学校生活に慣れていって、今後は普通級へ通うことを目標にしていますが、今はまだスムーズに生活できていないので、すぐには難しいように感じています。

 

学校では度々問題行動を起こしてしまうのですが、家で親子で過ごしているときはほとんど悪さをしません。

 

たまに楽しくなって制御が利かなくなり、悪気はないのに悪いことをやってしまうことはありますが、普通に家で生活している分には、私を困らせることはそんなにありません。

 

妹とケンカしたり、言われたことを守っていないときには叱るのですが、叱られているときに上の空だったり、ちゃんと聞いていなくてすぐに同じ失敗を繰り返すことが多いので、そのときは厳しく叱ってしまいます。

 

でも、子供も反抗せずに、なぜ怒られているのか理解できているし、気をつけようという姿勢も見られているので、関係は悪くないと思います。

 

0〜3歳頃は本当に落ち着きがなく、目を離せばどこかに行ってしまう、外食なんて全くできない、

 

バスも電車もハラハラしながら乗っていましたが、今では外食もできるし、私から離れていくこともありませんし、バスも電車も大好きになりました。

 

今とても大変な方も、この状態がずっと続くわけではないはずです。

 

本当にゆっくりですが、子供は確実に成長していっています。

 

何をするにも親が先の見通しをしっかり立ててあげると、子供がそれを分かるようになってきます。

 

その訓練をしていくことで、子供も不安がなく生活できるようになり落ち着きが出てくるはずです。

 

私もまだまだ育て途中で、悩みは尽きないし、今後どうなるかもわからず不安はありますが、確実に子供は成長すると信じて一緒に頑張っていきましょう。

スポンサーリンク