自閉症 大人 特徴

大人の自閉症

大人の自閉症

子供のころから自閉症だった子が大人になってもその症状を引きずっていることは少なくありませんが、以前と比べて自閉症の定義が広くなった為、子供の頃には「自閉症」という診断がつかなくても、成人になってから「自閉症」だと診断されることもしばしばあります。

 

大人のアスペルガー症候群や高機能自閉症でも知らずに生活している人も少なくありません。しかし、どこか人と違ったり、人が当たり前にできることができかったり等、個人によって様々ですが、以下のような特徴を持ちます。

 

大人(成人)の自閉症の特徴

主な特徴としてあげられるのは、その場の空気を読むことができないことや、仕事で人がしないような失敗をしたり、時間や期限を守ることができなかったり、片づけができないことがあります。また、人との付き合いが苦手で職場の歓送迎会や親睦会等も避けることが多いと言われています。

 

大人になってからアスペルガー障害や高機能自閉症だと診断されても、これまで健常者として生きてきたプライドに傷が入ることもあります。集団の中の生活に上手く適応できずに自死を考える方もいます。生活の中の何らかの支障があり、「生きづらさ」を感じている人もたくさんおられます。

 

早期発見が推奨される理由

治療ができ、薬で症状が抑えられる障害であっても、自分の障害について「受容」することは子供の頃に培った方が、メンタル面や社会生活への支障は少なくて済むのかもしれません。

 

現在は、発達障害を早期に発見することが推奨されており、小中学校でも支援プログラムが導入されています。早期に発見することで集団の中で必要な社会性を身につけていくことができます。また、発達支援教育でも、様々な取り組みが行われ、ヘルパーだけでなくボランティア等も配置され、多くのサポートが受けられます。

スポンサーリンク