自閉症とADHD

自閉症とADHD

自閉症とADHD

自閉症と併発する可能性の高いADHD

自閉症はさまざまな障害や病気を合併することが多い障害だと言われていますが、中でもADHDという障害を併発する可能性が高くみられています。

 

ADHDとは、注意欠陥多動性障害という発達障害の1つで、特徴は、落ち着きがなく、授業中も座っていられないことや突発的な行動が多く、注意力が散漫な障害です。

 

例えば、勉強に集中したくても、周囲のことが気になることや、自分のやりたいことがあったら、それを優先にしなければ気が済まないことも良くあることです。

 

また、道を歩いている時に反対側に何か興味を引くものがあったら、危険な道路にも飛び出してしまうことも少なくありません。ADHDの子どもは、いつ飛び出すか、いついなくなるかわからないので、保護者が目を離せないことや手を放すことができないと言われます。

 

自閉症とADHDへの対処

自閉症とADHDは同じ発達障害なので、周囲の人から誤解を招くことも少なくありませんが、症状は大きく違い、対処方法も違います。この2つを併発していても小学校へ通い支援学級にて生活している人も少なくありません。

 

また、療育ではADHDへの対処は集中力を途切れさせないように空間をしきることや物音を遮断することで、注意力を維持することができると言われています。また、あまりにも落ち着きがない場合には、危険を伴うため、薬によって症状を緩和することもあります。

 

自閉症との併発場合、どの症状を優先的に対処していけばいいのか、悩む方も少なくないでしょうが、それは生命に危険を及ぼすような行為については積極的な治療を行う必要があります。自閉症もADHDも行動療法が取り入れられますが、知能レベル次第に学習には大きく差が出るのが特徴です。

スポンサーリンク