自閉症 症状

自閉症の症状

自閉症の症状について

自閉症の症状についての記事一覧になります。

自閉症の症状記事一覧

自閉症の症状

自閉症の特徴的な症状は、3つあり、知的障害の有無に関わらず生じます。また、自閉症スペクトラムと診断される、高機自閉症やアスペルガー障害にも同様の症状があり、3歳頃までに出現すると言われています。これらの症状の付随症状について紹介したいと思います。3つの特徴的な症状(1) 言葉の発達の遅れがあり、幼少...

≫続きを読む

自閉症チェック(自己診断テスト)

セルフチェックとは多くの医療機関や福祉センターなどが自閉症のセルフチェックリストを作成しています。それには、乳幼児を対象にしたものや、小学校入学前の子供を対象にしたもの等に分けられています。自閉症は、多くの場合3歳前後に発覚するのが一般的ですが、言語の遅れがないアスペルガー障害や高機能自閉症等は、小...

≫続きを読む

自閉症とパニック

自閉症のパニック症状自閉症の方には、パニック症状が出る方も少なくありません。この症状が出るときは、自閉症の特徴である五感の敏感さが関係している事もあります。特に聴覚が過敏な人は嫌な音に反応してパニック症状が出ることもあります。また、自閉症の方は、日頃と違うことや変化に適応することが苦手であることから...

≫続きを読む

自閉症のこだわり

自閉症の症状であるこだわり自閉症の特徴であるこだわりは、物事へのこだわり、物への執着、手順へのこだわりなど様々な場面で表れる症状です。例えば、幼い子供だとおもちゃを決まった順番に並べないと眠れなかったり、お気に入りのおもちゃがないとパニックに陥ったりということも少なくありません。また、青年期や成人を...

≫続きを読む

自閉症の偏食

自閉症を抱える方の偏食自閉症の子供を抱える親は偏食に悩むことが多いといわれています。しかし、普通の子供でも偏食や好き嫌いは生じることであり、自閉症の子供に限らないのではないかと思われがちですが、自閉症の子供については少し特徴的なことがあります。例えば、素材そのものが嫌いなわけではなく、白いものが嫌い...

≫続きを読む

自閉症と多動

自閉症と多動性障害自閉症の中には、他の障害を併発している子供も少なくありません。自閉症は発達障害の1つとして分類されていますが、これと同時に学習障害や注意欠陥多動性障害も同時にみられることも少なくありません。自閉症の子供に多く見られる多動性の問題は本人の性格の問題だけではなく、注意欠陥多動性障害の症...

≫続きを読む

自閉症と奇声

自閉症の症状としての奇声自閉症の人の中には奇声を上げる方もおられます。乳幼児期だけでなく、重度の自閉症になると成人していてもそのような症状がでることもあります。乳幼児期に言葉の発達が遅く、奇声をあげることで自閉症が疑われることもありますが、何故このように奇声を発するのか理解することが大切です。その原...

≫続きを読む

自閉症と人見知り

人見知りは絶対ではない自閉症と言葉を耳にすると、自閉的で人と関わることができない障害だと誤解されることがあります。しかし、自閉症だからと言って必ずしも人を避けるというわけではありません。乳幼児期の自閉症の子供であっても、他人に抱かれることに抵抗がない子供や、むしろ人懐っこい方もおられます。自閉症とい...

≫続きを読む

自閉症と睡眠障害

自閉症と併発する睡眠障害自閉症の方のおよそ8割の方は睡眠障害を発症していると言われています。夜、なかなか寝付けなかったり、興奮したり、動き回ったりすることがあります。それを、自閉症の症状だと諦めておられる方も少なくありませんが、これは自閉症の症状ではなく併発している睡眠障害によるものだということが多...

≫続きを読む

自閉症と癇癪

自閉症の子供は癇癪を起こす)自閉症の子供の特徴でもあるのが「癇癪」です。自閉症の子供を抱えるお母さんたちにとっては非常に大きな問題でしょう。普通の子供であれば、癇癪を起こすのは一時期であることや、それほど長時間も癇癪を起こすことはないでしょうが、自閉症の子供はこれとは違うのです。言葉によるコミュニケ...

≫続きを読む

自閉症と感覚過敏

自閉症の特徴である感覚過敏について自閉症の多くの人は感覚過敏だということで知られています。自閉症の感覚過敏とは、通常の人よりも感覚や知覚が敏感であり、その異常な刺激に対処することができない状態です。例えば、視覚が過敏な人は、一般の人が普通に見えるものとは違って見えるのが特徴であり、光が散らばっている...

≫続きを読む

自閉症とくるくる回る行動

自閉症のくるくる回る行動の理由自閉症を抱える人たちは時に、周囲の人には理解出来ないような行動をすることがあります。幼い子供であれば、おもちゃやぬいぐるみを一列に並べないと気が済まない、いつも決まった場所にしか靴を置かない、バスや電車では決まった場所にしか座らないというような行動も自閉症の人の特徴です...

≫続きを読む

自閉症とクレーン現象

自閉症の子供のクレーン現象とは?自閉症児と健常児とでは、発達の段階で違うことがいくつかあげられます。クレーン現象も、その1つであり、自閉症の子供に多くみられる動作です。クレーン現象とは、自閉症児が意思表示する時に使う動作の1つです。例えば、高い所にあるおもちゃを取ってほしい時に、「おもちゃを取って欲...

≫続きを読む

自閉症と首ふり

自閉症の赤ちゃんは首ふりをする?自閉症の症状だと言われることもある、赤ちゃんや小さな子供の首ふり動作はどのようなものでしょうか?首をブルンブルン振るような動作を自閉症の本やインターネットで記載されていることがあります。しかし、これは、ほんの一例であり、首ふりをする赤ちゃんや子供の全てが自閉症だという...

≫続きを読む

自閉症の性別による特徴

自閉症には男女差がある?病気多くの病気は、遺伝に関係するもの、生活習慣に関係するものなど、原因や特徴はさまざまです。自閉症も、少なからず遺伝子の影響を受ける病気だということがわかっていますが、発症には男女性別差がみられる障害です。自閉症の発症率に関する統計では、男:女=4:1という数字を出しているも...

≫続きを読む

自閉症と体温調節

自閉症と低体温赤ちゃんが誕生したらまずは、バイタル測定が行われます。どこの病院でも、体温調節がうまくできない赤ちゃんの体温を維持することが行われますが、「低体温」は自閉症やその他の病気の原因になりかねないということが言われています。赤ちゃんが生後、自力で体温を保てるようになるまでは定期的な検温を行い...

≫続きを読む

自閉症と盗み癖

自閉症の人は盗み癖がある?自閉症の人が、物を盗んだという話を聞いたことがある人は少なくないでしょう。しかし、自閉症の人の盗みの背景にあるものは「固執」が大きく関わっている可能性があります。自閉症の特徴の1つで、物や人、興味に固執することがありますが、あまりにも執着心が強いと、欲しいものや手に入れたい...

≫続きを読む

自閉症で人見知りしない場合

自閉症でも人見知りしない?自閉症という病気は“対人関係を避ける”、“ひきこもり”“人見知り”が特徴だと誤解されることがあります。おそらく、「自閉症」だという言葉がそうさせているのでしょうが、自閉症の特徴が「自閉症の人」ということではありません。しかし、自閉症の特長の中に、社会性やコミュニケーション能...

≫続きを読む

自閉症と無関心

自閉症の特長である“無関心”とは自閉症の疑いがある乳幼児によくみられる症状は“無関心”です。赤ちゃんって、音が鳴るものや、動くものに興味を持ち、触ってみたり、舐めてみたり、振ってみたり、叩いてみたりします。しかし、自閉症の子供は見向きもしないことがあります。人や物に興味をしめさないことで自閉症が疑わ...

≫続きを読む

自閉症で目を合わせない場合

目を合わせない赤ちゃんは自閉症?乳児の自閉症を疑う場合に「目を合わせない」ということがあげられます。大抵の赤ちゃんは、授乳の時や母親の呼び掛けに振り向いて、目を合わせると笑みを浮かべます。しかし、自閉症を疑われる赤ちゃんの場合、呼びかけに反応しないどころか、こちらから目を合わせようとしても、なかなか...

≫続きを読む

自閉症と妄想

自閉症の人は妄想がある自閉症の人の中には、「妄想」をはたらかせる人がいます。妄想という言葉が相応しいのか、想像力もしくは、創造力と表現した方が良いのか悩みどころですが、なかなか人が思いつかないような世界を持っていたり、人と違うことを考えている事があります。自閉症の人の中には、絵画の能力が物凄く優れて...

≫続きを読む

自閉症には兆候はあるのか

自閉症の兆候は1歳半?3歳頃から見られます。赤ちゃんと一緒に過ごしていくちに何か違う行動を頻繁に起きると自閉症の兆候でないかと言われています。赤ちゃんの自閉症の兆候赤ちゃんの頃に自閉症の兆候だと言われる行動は、「母親の目を合わなさない。」「抱っこを嫌がる」「落ち着きがない」赤ちゃんにとって母親は絶対...

≫続きを読む

自閉症と自傷行為

自閉症の特徴として自分から頭を壁にぶつける、手を噛む、または手足をかきむしるという行為をします。その行為は自傷行為と呼ばれ自閉症の人が自傷行為を行うにも必ず理由があると言われています。自傷行為を緩和させる方法自閉症は人に興味を示さない、意思疎通ができないことから自分の意思を伝えるための行動と言われて...

≫続きを読む

自閉症と独り言

自閉症の症状の1つに見えない誰かと会話しているかのように独り言を常に話していることがあります。自閉症の独り言の場合は家族との会話、駅のアナウンス、アニメやドラマのセリフを突然大きな声で発する人を見かけたり聞いてびっくりする状況になったらどう接すれば良いのでしょうか。独り言をしゃべる理由バスの車内で大...

≫続きを読む

自閉症と暴力・暴れる行為

自閉症の症状の中で突然暴れたり暴力をふるったりします。自閉症の子どもを持つ家庭の共通の悩みは「暴れる行為」が多くどのように対応したら良いのか分からず家庭が崩壊していくことも少なくありません。自閉症の暴力行為とは幼児期における自閉症の暴力または暴れる行為はどういったものか見てみると、「床をドンドンと足...

≫続きを読む

自閉症と他害行為

他害行為とは、通常では何も思わない時でも急に人を傷つけたりモノを壊したりする自閉症の特有の行為です。とくに自閉症は通常の人よりも「こだわり」が強いためこだわりを周囲に壊されると他害行為をする可能性が高いのです。他害行為を起こする要因自閉症はコミュニケーションが取れないため、怖い、つらい、嫌悪感を親や...

≫続きを読む

自閉症と記憶力

自閉症の人はとても記憶力が高いと言われています。その理由として、アーティスト、研究者など何か1つ興味を持つと信じられないくらいの集中力で知識を取り込む力が強いんです。自閉症の特徴である「興味がないものに関心を持たない」という裏返しです。記憶力があるのは良いことか例えば歴史の年号を語呂合わせで覚える時...

≫続きを読む

自閉症と迷惑行為

自閉症の家族が悩みは何かというと「迷惑行為」ではないでしょうか。その迷惑行為という判断は健常者側の考えだということを意識しないといけません。自閉症の人が起こす行為は周囲に伝える手段だからです。自閉症の行為は理解が難しい自閉症の迷惑行為で困っている大半は健常者側です。学校で授業中に急に泣き出す、落ち着...

≫続きを読む

自閉症と行動障害

自閉症の行動障害は当事者の意思によるものが大半です。行為とは違い自らの意思で行っているということを理解する必要があります。そして理解するだけでは解決できない問題が隠されていることです。それだけ自閉症の行動障害は私達が想像している以上に自閉症の人たちは健常者を見ているんです。行為と行動の違い突然自分に...

≫続きを読む

自閉症と常同行動

常同行動とは簡単に言うと、同じことを何度も何度も繰り返すことを指します。自閉症だけでなく認知症の症状も見られ前頭葉の萎縮により起こる疾患と言われているのです。例えば、同じ服を毎日来て決まった時間に散歩に出かけるといった行動だと思ってください。自閉症の常同行動はけっして脳疾患だと括られる要因ではないよ...

≫続きを読む

自閉症と逆さバイバイ

逆さバイバイをする子どもは自閉症なのか?自閉症の特徴として逆さバイバイが挙げられます。逆さバイバイとは、自分の方に手のひらを向けてバイバイすることを指します。この逆さバイバイは自閉症だけではなく、発達障害の子どもにも見られると言われてます。逆さバイバイをする意味逆さバイバイをするにはきちんと意味があ...

≫続きを読む

自閉症とオウム返し

ある言葉を繰り返ししゃべることをオウム返しと言います。オウム返しは自閉症や発達障害に見られる症状ですが、どうやら会話をしていると脳が認識していないため起こる症状と考えられているのです。オウム返しは会話してると認識していない?「○○ちゃん、こんにちは。」「○○ちゃん、こんにちは。」とオウムと会話してい...

≫続きを読む

自閉症とロッキング現象

ロッキング現象とは体を前後に揺らすことを指す現象です。体を前後に揺らす行動は自閉症の特徴の一つあり「常同行動」部類に入るとされ、今の気分を表すサインと見てもいいかもしれません。ロッキング現象のする意味リビングに座ってトランプで夢中になっている時に無意識に前後に揺らしているのは楽しい。過去のことを思い...

≫続きを読む

自閉症の視覚優位

視覚は人間の五感の一つです。自閉症はの場合、脳の障害により五感がアンバランスに発達したり未発達のまま成長するため情報伝達も未熟です。自閉症の人は目から入る景色や情報を脳に伝達する力が優れているケースが多く、このことを視覚優位と言います。視覚優位とは通常、人間は五感で情報を理解しますが、上記のとおり自...

≫続きを読む

自閉症の聴覚過敏

聴覚過敏とは、普段何も感じない音でも大きく聴こえる現象で、時には苦痛を伴います。自閉症の特徴として聴覚過敏の人が多く人の声が苦痛に感じで奇声をあげる行為が公共の場で見る機会が何度かありました。ただ奇声を出しているだけではなく人の声や音にとても敏感な人なんだと理解する必要があるかもしれません。聴覚過敏...

≫続きを読む

自閉症と言葉の遅れ

言葉の遅れは家族にとっても想像以上にショックが大きいのではないでしょうか。この段階になって初めて子どもが自閉症のおそれがあると診断されるケースはよくあることです。ただ、個人差が生じるため一概に言えないこともあるかもしれません。言葉の遅れはいつから?言葉の遅れを指摘されるのは1歳半検診だそうで、自閉症...

≫続きを読む

スポンサーリンク