自閉症 治療

自閉症の治療

自閉症の治療について

自閉症の治療についての記事一覧になります。

自閉症の治療記事一覧

自閉症は治るのか

自閉症とは治る病気なのか自閉症の原因は、先天性の脳の病気だと言われています。しかしながら、この病気のはっきりした原因は解明されていません。自閉症は早ければ乳児期から、わかることもありますが、多くの場合3歳児検診前後にわかります。しかし、軽度になると成人してから発覚することも少なくありません。自閉症は...

≫続きを読む

自閉症の診断方法

自閉症の診断基準自閉症の診断は、主にアメリカ精神医学会のDSM−IV若しくは世界保健機構によるICD−10が使われます。この2つの診断基準では診断名が異なり、DSM−IVでは自閉性障害、アスペルガー障害、分類されない広汎性発達障害等と分類されますが、ICD−10では小児自閉症、アスペルガー障害、非定...

≫続きを読む

自閉症の治療方法

言語聴覚士による訓練自閉症の治療には言葉の発達を促すようなトレーニングが、言語聴覚士によって行われます。言葉で上手く表現できないことや、言葉が出ない等、個人の言語能力には差がありますが、療育を通して、発生の訓練やコミュニケーションの図り方を学ぶ訓練等を行い、意思の疎通や自己表現を促します。ソーシャル...

≫続きを読む

自閉症の薬(オキシトシン等)

オキシトシンとは自閉症の治療で脚光を浴びているオキシトシンは、どのような薬なのか、以下で紹介したいと思います。オキシトシンとは、ホルモンの1つであり、人間関係や信頼関係の形成に働きかけます。人間の脳内で生成されるものですが、産後の母乳の分泌や、子宮の収縮にも大きく関与しており、医療現場で1つの「医薬...

≫続きを読む

自閉症の改善

自閉症は改善できるのか?これまでは、自閉症は親の育て方で発症するものだと誤解されていた障害ですが、現在では先天性の脳の異常であることがわかっています。しかし、先天性の障害であることから、完全に治すことは難しいと言われています。また、自閉症の症状は1つではなく様々な症状があります。その症状1つ1つにつ...

≫続きを読む

自閉症と構造化

構造化とは何か?自閉症の方々は、今何をするべき状況にあるのか、次に何をすれば良いのか、何のために、ここにいるのか等がわからなくなることがしばしばあります。手順を踏んだり、周囲の状況を理解したり、自分の振る舞いを考えるということができません。そのような状況に対して自閉症の方でもわかりやすく、納得できる...

≫続きを読む

自閉症と言葉の理解

自閉症の言葉の発達自閉症の特徴である言葉の遅れについては多くの人が悩み、言語療法による訓練を受けたり、絵カードを使ったりと様々な方法があります。自閉症の子供は発達が遅いだけではなく、退行してしまうという症状もあります。乳児期でも全くと言って声を出さない赤ちゃんもおられ、早期の発見と治療が推奨されてい...

≫続きを読む

自閉症とソーシャルストーリー

自閉症の人の社会性を養うソーシャルストーリー自閉症を抱えている人は、言語的コミュニケーションが乏しいことや、知的能力が低いだけではなく、社会性が乏しいことも特長の1つです。社会性とは、本来ならば、人間が成長していく過程で自然と培っていくような部分でもありますが、自閉症の人にはそれら1つ1つを訓練し習...

≫続きを読む

自閉症と腸内細菌

自閉症は治らない病気ではない?自閉症という病気は人間が生まれながらに持っている病気で、先天性のものだと言われています。この障害を治すことはできないといわれていますが、乳幼児期に適切な療育を受けて、社会性を身につけて行くことで社会に出ても適切な行動ができる可能性が高いとも言われています。治らない障害で...

≫続きを読む

ABAによる自閉症対策

何事も早期発見が大切だと言われている今日。自閉症も同じことが言えるでしょう。自閉症の早期発見をしてトレーニングを行うことを「ABA」早期集中療育というプログラムがあるのです。ABA早期集中療育の成果アメリカで自閉症の対策として開発されたABA。その効果は画期的なもので、開発したアメリカのロバース博士...

≫続きを読む

自閉症の検査で使われるCARSとは

CARSとは小児自閉症評定尺度のことで、アメリカ・ノースカロライナ州の自閉症療教育プログラムで使われる自閉症の診断基準です。自閉症は2歳くらいから症状が出てきますが、「ちょっと変」という見た目で判断するのが難しいため、CARSを使用して数値で表して自閉症かどうか調べる目的があります。CARSの判断基...

≫続きを読む

自閉症は予防できるのか

自閉症が予防できればいいのにと思ったことがあります。自閉症の原因がまだ研究段階である以上は予防したくても難しい問題だと思います。もし、予防ができれば私たちはどんなことに注意しないといけないのでしょうか。自閉症の予防はできるのか自閉症の原因がもし遺伝性のものであれば女性であれば妊活の段階で予防ができる...

≫続きを読む

エビリファイは自閉症に効果があるのか

「エビリファイ」は、2006年より国内で使用されている抗精神病薬で、小児期の自閉症の興奮性に対する治療薬として承認されました。アメリカでは、2009年に自閉性障害に伴う興奮性の承認を受けたことから、日本でも、2011年に自閉症に関わる日本の3学会より医療上の必要性の高い薬として開発が期待されています...

≫続きを読む

自閉症に効果のあるサプリメント

自閉症の人たちは栄養不足であると報告されていることをご存知でしょうか。このような事例も自閉症の原因の1つである背景として、妊娠時のときに葉酸を摂取して染色体異常のリスクを軽減できる研究成果をもと「妊活から葉酸を摂ろう」と推奨しているのです。葉酸は自閉症のリスクを軽減する?育児系雑誌に妊活に葉酸のサプ...

≫続きを読む

自閉症とイヤーマフ

イヤーマフは耳を覆うタイプの耳栓です。防音対策と聴覚の保護者を目的として使用されています。イヤーマフは音に敏感である自閉症の人の音対策に使用されており、普通に見れば音楽を聴いているように見えるので周囲に溶けこんでいることでしょう。なぜ?イヤーマフをつけるのか自閉症の人は聴覚がとても過敏であること。オ...

≫続きを読む

自閉症と言語訓練

自閉症は言語障害と言ってもおかしくないでしょう。オウム返しや突然の奇声など周囲とのコミュケーションをとることが難しく周囲が理解するまでとても時間がかります。コミュケーションが取れないのは何故か自閉症は言葉で話すことを理解することが難しいため、言語障害がおきてしまうと言われています。言葉や会話は耳から...

≫続きを読む

自閉症だと誤診されることはあるのか

自閉症と診断されたのに、実は言葉の遅れが遅いだけだったという事例があるように医師の判断が正確ではないことが分かります。誤診されやすい自閉症は周囲とのコミュケーションが取れないため、突然パニックを起こすためパニック障害やアスペルガー症候群と診断されることもあるそうです。または総合失調症と心の病気の1つ...

≫続きを読む

自閉症の自立課題

プットイン教材1対1対応し教材マッチング教材分類教材作業教材教科的内容教材6種類の教材を使ってレベルに合わせて行っていきます。今回は6種類の自立教材からいくつかピックアップして見ていきましょう。自立課題の内容とはブットイン教材は容器にモノ(サイコロ、ビー玉、パズル、ピンポン玉)をきちんと入れる訓練で...

≫続きを読む

スポンサーリンク