自閉症 支援

自閉症の支援

自閉症の支援について

自閉症の支援についての記事一覧になります。

自閉症の支援記事一覧

自閉症の支援

自閉症を抱える人への支援自閉症を抱える当事者への支援は、年齢や障害の程度、症状によっても異なりますが、何よりも、本人にわかりやすい方法で支援を行っていきます。自閉症の方への支援は「刷り込み式」という方法で行うことが多く、その場に相応しい行動を身につける為に取り入れられています。特に、支援では褒めるこ...

≫続きを読む

自閉症スペクトラム支援士について

自閉症スペクトラム支援士とは近年増加傾向にある自閉症を抱える人たちを専門的にケアすることを目的に自閉症スペクトラム支援士という資格ができました。これは、日本自閉症スペクトラム学会に加入していることが条件で実務経験や研究実績等を積み重ねることで得られる資格です。また、法律や自閉症を取り巻く環境等の領域...

≫続きを読む

日本自閉症協会について

日本自閉症協会の歴史自閉症協会は、平成元年に「社団法人 日本自閉症協会」となったのですが、それまでは「自閉症児・者親の会全国協議会」という名称でした。昭和42年に発足された当初は、「自閉症児親の会」として小規模での取り組みでしたが、翌年の昭和43年には全国を規模とした大きな組織になりました。日本自閉...

≫続きを読む

自閉症の人への接し方

自閉症の人と接するには自閉症の人と接する時、どう接したら良いのかわからないという方も少なくないと思います。「自閉症」だと聞くと、引きこもりがちで内向的だというイメージを持っている方もおられますが、関わってみるとイメージが180度変わるかもしれません。自閉症だから、コミュニケーションが取れないというわ...

≫続きを読む

自閉症の施設

自閉症の通所施設自閉症の疑いや発達障害のある子供を対象にして市町村でも、通所型で療育を行っている所が増えてきました。自閉症の専門機関というわけではなく、高機能自閉症やアスペルガー障害、注意欠陥多動性障害、学習障害の幼児を対象とし、保護者同伴の下グループワークやコミュニケーションを図っていきます。幼稚...

≫続きを読む

自閉症スペクトラム学会

自閉症スペクトラム学会とは自閉症スペクトラム学会の正式名称は「日本自閉症スペクトラム学会(JAAS)」であり、自閉症を抱える子供への教育や支援方法、就労支援等、自閉症スペクトラムの研究発表や論文発表等を行います。自閉症スペクトラム協会の会員は研究に従事する者や関係する人を対象とし、会員の推薦を受け、...

≫続きを読む

自閉症と支援学級

普通学級と支援学級自閉症を抱える子供たちは、集団の中の生活には馴染めないことやパニックを起こしてしまうなどさまざまな問題があります。自閉症や発達障害の子供ができるだけ集団生活に馴染めるように支援していくような特別に設けられた学級には「情緒学級」や「支援学級」と呼ばれるクラスがあります。自閉症の子供は...

≫続きを読む

国の自閉症支援

国の自閉症支援の現状自閉症を抱えている人のおよそ8割が知的障害を抱えています。障害を持って働くことは容易なことでなく、働かないと自立することができないこと、生活困難になってしまうことなどさまざまな問題が生じます。我が国は、その政策として障害者の就労支援を行っています。就労継続支援B型とA型、企業への...

≫続きを読む

自閉症と療育手帳

自閉症の人でも療育手帳を交付される「療育手帳」とは、知的障害者に交付される手帳であり、市町村が窓口になり、都道府県が施行します。そのため、自治体によって認定の基準にバラつきがあります。多くの場合、療育手帳の区分は2区分にあるいは4区分になっています。また、IQの基準にもバラつきがあり、おおよそ70〜...

≫続きを読む

自閉症の支援アプリ

スマートフォンが自閉症の家族の負担が少なくしてるってご存ちでしたか。私達が普段使っているアプリの中に自閉症を支援しているアプリがあるんです。支援用のアプリ調べてみると、言葉、視覚認知、時計、など家で自立課題ができるようになり、どのようなアプリがあるのかまとめてみました。時計アプリできたよタイマー着替...

≫続きを読む

自閉症の研究はどこまで進んでいるのか

自閉症の研究が始まったのが1943年。カナー医師が「情緒的接触の自閉的障害」の論文を発表から。(カナー症候群のカナーはカナー医師から取っています。)それから73年。世界各国の専門家が自閉症の原因の解明と完治につながる治療法を研究しているのです。2000年以降の研究1990年後半から2000年代に入っ...

≫続きを読む

自閉症児の親の会

自閉症の親のコミュニティ「自閉症の親の会」が全国各地に点在しています。札幌なら「札幌ポプラの会」愛知県なら「つぼみの会」など、セミナーや療育支援などを展開しています。自閉症の親との連携・絆の集い自閉症の親の会は自閉症のセミナーや療育支援のほかに、お茶会、相談会、趣味などで親同士の交流を深める目的で行...

≫続きを読む

自閉症と絵本

絵本は子どもの想像力を豊かにしますよね。大人になってから、読み返してみると奥が深い物語になっていたりします。自閉症の子ども達にも絵本の読み書きせをしている事例があります。絵本は発育にいい。目と耳の情報を認識するトレーニングになるんです。どんな絵本を好むのか自閉症の子どもは視覚優位が多いためか、インパ...

≫続きを読む

自閉症の教材

自閉症の教材とは、読み書きそろばんをしっかり身につけるための教材です。自閉症は計算が得意、不得意。文章を作るのが得意、不得意。など極端に差がでる傾向があり、療育施設で自立課題の作業を行ってひとつずつクリアしていく過程となっています。自閉症の教材とは自閉症の教材は家庭でもできる自立課題です。四谷学院の...

≫続きを読む

自閉症の視覚支援

自閉症は視覚優位なため情報だけ頭に入りやすく耳で聞いた情報を理解することが難しいと言われています。よって、言葉の遅れや会話ができなかったりオウム返しをする傾向があります。このように視覚から入る情報を利用して物事を覚えるためにイラストや写真を使い、周囲とのコミュニケーションを良くする支援を視覚支援と言...

≫続きを読む

スポンサーリンク