自閉症 種類

自閉症の種類

自閉症の種類について

自閉症の種類についての記事一覧になります。

自閉症の種類記事一覧

自閉症の種類 〜高機能自閉症・アスペルガー症候群など

自閉症を大きく分類すると、知的障害の有無で分けることができます。以下で紹介していきたいと思います。知的障害を伴う自閉症知的障害を伴う自閉症というのは、IQが75以下であり、同年齢の人と比べて言葉の発達や理解力が乏しく、援助が必要な状態を言います。「知的障害」のレベルはIQが35未満では重度、35〜5...

≫続きを読む

カナー症候群(低機能自閉症)

自閉症:カナー症候群とは低機能自閉症とも呼ばれるカナー症候群の特徴は、IQが低く知的障害を伴うタイプの自閉症です。一般的に従来まで言われていた自閉症がこのカナー症候群と言うものです。IQが低いこともあり、コミュニケーション能力や社会性には多くの問題を抱えます。また、暴力的になるいことや噛みつくことが...

≫続きを読む

高機能自閉症

高機能自閉症の多くは、3歳くらいまでに、(1)言葉の発達の遅れ (2)他者とのコミュニケーションの困難さ、社会生活への適応能力の乏しさ (3)特定の物への固執、こだわりという症状が現れますが知的障害を伴わないのが特徴です。現在は、1歳半〜3歳くらいまでの間の定期健診を通して発覚することが多くなりまし...

≫続きを読む

折れ線型自閉症とは

折れ線型自閉症の兆候自閉症の全体の30%程度は折れ線型自閉症だと言われています。折れ線型自閉症の特徴は、これまで普通の生活をしていた子供が突然、言葉が退行していくという症状が出始めます。多くの場合2歳前後にははっきりとした症状が出る為、赤ちゃん返りのように見られますが、実はこれが自閉症の兆候である可...

≫続きを読む

非定型自閉症とは

非定型自閉症とはどういうものなのか非定型自閉症は、特定不能の広汎性発達障害に分類されており、定型の基準を満たさないものとされています。非定型自閉症とはどのようなものを示すのか以下で紹介していきたいと思います。@ 発症年齢が3歳を過ぎてから症状が出始める自閉症であり、それまでは、自閉症の特徴的な症状が...

≫続きを読む

軽度の自閉症

軽度の自閉症の特徴軽度の自閉症も現在では、発達障害に分類されており、高機能自閉症やアスペルガー症候群がこれに含まれます。どちらも、多くの場合知的障害を伴わない場合や、若しくはグレーゾーンに属している事が多いことが特徴ですが、軽度の自閉症でも生活のしづらさが伴います。軽度の自閉症の特徴は、衣食住につい...

≫続きを読む

重度の自閉症

重度の自閉症の特徴重度の自閉症になると、集団生活が困難になることや常に誰かのサポートが必要になることが多くあります。自閉症の重度とは、知的障害を伴うことが特徴であり、3歳までに言葉や能力の退行がみられことがほとんでです。また、現在重度の自閉症と分類されている方の多くは従来型自閉症とも呼ばれる「カナー...

≫続きを読む

最重度自閉症

自閉症の最重度とは自閉症の最重度の障害とは重度よりも介護度が高く知的障害もIQは20以下であり、日常生活の会話でさえ困難をきたします。知的能力は3歳に満たない程度であり、コミュニケーションをとることは難しいことが特徴です。言葉も、簡単な単語を発することができる子供もおられますが、奇声をあげたり叫んだ...

≫続きを読む

スポンサーリンク